ビジネスパートナーを探すために何をする?おすすめ5選とコツを解説

円陣を組み、手を取る様子

ビジネスモデルは出来上がった!
あとは一緒に展開していくビジネスパートナーを見つけて拡販、普及していくだけだ!

ここまで辿り着き、いざビジネスパートナーを見つけるために、どこで何をするかに迷い、奔走する人はとても多いものです。

この記事をお読みの方にも、ビジネスパートナーを見つけるために苦労している人は、たくさんいることでしょう。

そこで、異業種交流会を7年運営しながら全国にビジネスパートナーを作り、上場企業などのプロモーションを事業として行っている運営目線で、ビジネスパートナーはどこで見つけたら良いのか、それぞれのメリットとデメリットも踏まえて、詳しく解説していきます。

この記事はこんな人が書いています

1982年生まれ。22歳から現在に至るまで成功哲学の世界に身を置き、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

壁下政和

ナポレオン・ヒル財団 アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

ビジネスパートナーが見つかるかどうかは、成功と失敗の分かれ道

分かれ道を歩く足元

ビジネスを始めるにあたり、ビジネスパートナーが見つかるかどうか、ビジネスパートナーを増やせるかどうかは、そのビジネスを成功させることができるかどうかの、とても大きな分かれ目です。

なぜかというと、どんなに良いアイデアでもビジネスモデルでも、協力者となるビジネスパートナー無しには、成功はあり得ないからです。

例えば良いものが出来上がっても

誰がどう見ても便利で使いたくなるようなサービスや商品でも、社会やユーザー層への露出が低ければ、認知度がなく、存在を知られることもなく終わってしまいます。

一馬力よりも多馬力の方が、拡散力でも販売力でも宣伝力でも、圧倒的な差が出ます。

例えば営業で成果を伸ばしたいなら

営業を行っているセールスパーソンでも、自分ひとりで見込み開拓をしてセールスを行うよりも、協力者となるビジネスパートナーに、見込み客を紹介してもらったりすることで、成績を今より2倍、3倍と伸ばすことが出来るのです。

もし、今この記事を読んでいる方で、ビジネスが思うように進んでいない場合、一人でどうにかしようとせずに、まずは協力者となるビジネスパートナーを探すことから始めるべきです。

次に、実際にビジネスパートナーを探すために有効なツール5選と、そのメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

ビジネスパートナーを探すためのおすすめツール5選

ITツールと世界地図

近年ではインターネットもどんどん進化しているので、さまざまなサービスが増えました。

そこで、オンラインやオフラインも含めたビジネスパートナーを探すために有効なツールについて見ていきましょう。

①ビジネスマッチングツール

ビジネスパートナーを探すおすすめツールの1つ目は、ビジネスマッチングツールです。

これは、ビジネスマッチングアプリや、ビジネスマッチングコミュニティなどを含む、ビジネスのためのマッチングツールを活用することです。

ビジネスマッチングアプリってよく耳にするけど、どのようなもので、実際のところどうなの?という方には、この記事が参考になります。

続いてビジネスマッチングツールを活用して、ビジネスパートナーを探すメリットとデメリットについて解説していきます。

ビジネスマッチングツールのメリット

  • ビジネスマッチングアプリなら、空き時間を利用してビジネスパートナーを探せる
  • ビジネスマッチングコミュニティなら、会員間で対面してビジネスパートナーを探せる
  • ビジネスマッチングサービスなら、登録しておけば、後は待っていれば運営から連絡が来る

ビジネスマッチングツールを活用して、ビジネスパートナーを探すメリットは、空き時間でできること、登録さえしておけば、後は担当者から連絡が来るのを待っていれば良いなど、能動的に活用しなくても、ある程度受動的でも問題ない点です。

そのため、忙しくて時間がない、ビジネスパートナーを探すこと以外にも業務に追われているような方にはオススメです。

ビジネスマッチングツールのデメリット

  • オンライン上のサービスの場合、初動で相手のことを知るまで時間が掛かる、遠方の可能性がある
  • ビジネスマッチングコミュニティやサービスの場合、利用料や登録料、マッチング手数料が発生する
  • 自分と相性の良い人も受動的で、自分も受動的な場合、接点が生まれない

ビジネスマッチングサービスを活用して、ビジネスパートナーを探すデメリットは、ビジネスマッチングコミュニティを除いてオンラインで行うことになりますので、初動でのやり取りに時間が掛かることと、近場で探していても、相手が遠方である可能性があることが挙げられます。

また、無料のサービスもたくさんありますが、きちんとしたビジネスパートナーを探したいのであれば、有料のサービスの方がたくさんいるので、どうしてもランニングコストやマッチング手数料が発生することで、費用面で割高になります。

そして、せっかく自分と相性が良い人が同じマッチングサービス内にいたとしても、相手もまた自分と同じように受動的に待っているような状態ですと、自分と相手との接点が生まれませんので、出会うことが出来ないというリスクもあります。

②SNS

ビジネスパートナーを探すおすすめツールの2つ目は、SNSです。

SNSは世界中の多くの人が利用していて、発信している情報量も多く、ビジネスツールや宣伝ツールとして、活用している人も多く存在します。

続いてSNSを活用して、ビジネスパートナーを探すメリットとデメリットについて解説していきます。

SNSのメリット

  • 相手の発信している内容から、自分とシナジーがある、ビジネスパートナーとなるかの判断がしやすい
  • SNSを頻繁に利用している相手であれば、DMなどですぐにやり取りが始められる
  • 基本的に無料なので、費用面などのコストを抑えることができる

SNSを活用してビジネスパートナーを探す最大のメリットは、無料で行えることにあります。

ビジネスSNSなどの専用サービスの場合は、登録制で有料の場合もあります。

何より使い慣れているSNSを活用するので、使い方に困ることがなくすぐに始められるのと、活用している人が多いので、単純に母数が多いのも魅力ですし、すきま時間で行うことも出来ます。

ですので、普段からSNSを利用している人や、情報発信を行うことが好きな人にはオススメです。

SNSのデメリット

  • 利用者全員がビジネス目的ではないので、コンタクトを取る相手を選別しないといけない
  • 自分のアカウントがビジネスとかけ離れている場合、相手に興味を持ってもらえない
  • 全世界の人が利用しているので、近場の人とは限らず遠方の可能性がある

SNSを活用してビジネスパートナーを探す最大のデメリットは、利用者が多いメリットの反面、そのほとんどが日常生活や趣味などの発信を目的としており、ビジネス目的の人と繋がりたい、交流したいわけではないので、コンタクトを取る相手を選別しないといけない点です。

これは、誰彼構わずにコンタクトをとると、最悪の場合アカウント凍結などの対処をされてしまいますので注意が必要です。

また、五月雨式にメッセージを送っていると、自分のビジネスや企業としての看板までも汚すことになり、信頼の低下へと繋がり、ビジネスパートナー探しどころではなくなってしまいますので、注意が必要です。

③セミナー

ビジネスパートナーを探すおすすめツールの3つ目は、セミナーなどの集まりです。

セミナーに限らず、オフ会や共通の目的を持ったりする人で、集まったり談合したりするものも含みます。

ただし、こちらに関しては

誰かが主催しているものに参加する

のではなく

自分でそういった趣旨のものを主催する

ようにして下さい。

なぜそうしないといけないのか、人の主催しているところへ紛れ込むようなことをすることで、どのような事態になるのかは、この記事で詳しく解説しています。

続いてセミナーなどの集まりを活用して、ビジネスパートナーを探すメリットとデメリットについて解説していきます。

セミナーのメリット

  • 自分が趣旨も詳細も決められるので、自分が求めているビジネスパートナーとピンポイントで呼べる
  • 趣旨に興味がある人が集まるので、ビジネスパートナーとなる人以外に、見込み客とも出会える
  • 話し手としての技術が磨かれるので、将来的にプレゼンや商談でも役に立つ

セミナーを活用してビジネスパートナーを探すメリットは、全てが自分のやりたいように決められるので、ビジネスパートナーとして求めている人を、ピンポイントで集められることです。

また、セミナーでも座談会のようなものでも、自分が主催としてファシリテートするようになりますので、コミュニケーション能力や、プレゼン能力を磨くことも同時に行えます。

ですので、今後に備えて色々と身に付けておきたい能力や、ノウハウを体得したい方にはオススメです。

セミナーのデメリット

  • 主催する上で集客・宣伝・イベント内容・講演など、準備や必要なものがたくさんある
  • 自分に開催するだけの能力がないと、実行に移せない
  • 参加者を満足させられるだけのものが提供できないと、ビジネスパートナーとも繋がれない

セミナーを活用してビジネスパートナーを探すデメリットは、日程と会場を決めて押さえれば、なんとかなるものではない点です。

私達も全国で異業種交流会を7年間運営していますので、ある程度お話ができますが、集客・宣伝するためにはコストが掛かります。

また、企業内で研修や講演も行っておりますので、こちらに関してもお話ができますが、内容と講師がしっかりしていないと、せっかく集めても参加者が呆れてしまっては、意味がありません。

ですので、自分がセミナーからビジネスパートナーを見つけるためには、そのために準備として必要なものが多くなります。

④紹介

ビジネスパートナーを探すおすすめツールの4つ目は、自分の身の周りの人に、ビジネスパートナーになり得る人を紹介してもらうことです。

自分の事をよく知っている身の周りの人に頼んでみて、紹介してもらうことは、紹介営業の基本中の基本です。

紹介営業に関して詳しく知りたい方は、この記事が参考になります。

続いて紹介者を活用して、ビジネスパートナーを探すメリットとデメリットについて解説していきます。

紹介のメリット

  • 自分のことをよく知っている人が紹介してくれるので、ビジネスパートナーになりやすい
  • 今すぐに始められ、コストを掛けずにビジネスパートナーと出会えるチャンスがある
  • 空き時間にできることなので、忙しくても合間に行うことができる

紹介者を活用してビジネスパートナーを探すメリットは、その手軽さと圧倒的コストの安さ、そして何より自分のことをよく知っている人が紹介してくれるので、ミスマッチが起きずにビジネスパートナーと出会えるチャンスがある点です。

交友関係が広い人には、最も手軽で、一番効率的な手段となりますのでオススメです。

紹介のデメリット

  • 交友関係が狭い場合には、そもそも紹介を頼める人がいない
  • よく知らない人に紹介を頼むと、ミスマッチが起きる可能性がある
  • 紹介してくれるまでの人間関係の構築に、時間が掛かる

紹介を活用してビジネスパートナーを探すデメリットは、交友関係が狭い場合には、そもそも成り立たない点です。

そして、よく知らない人に頼むと、ミスマッチが起きる可能性も上がりますので、ビジネスパートナーとなる人と出会えるようになるまで、人間関係の構築を行うことに時間を要する点です。

⑤異業種交流会

ビジネスパートナーを探すおすすめツールの5つ目は、異業種交流会です。

異業種交流会は私達も全国で運営していますが、日々さまざまな業種の方や役職の方がお越しになります。

そして、参加されるほとんどの方が、見込み客探しではなく、ビジネスパートナー探しを行っています。

参加する異業種交流会も選び方を間違えてしまうと、失敗に終わってしまいますので、ビジネスパートナー探しに有効な異業種交流会の選び方を知りたい場合には、この記事が参考になります。

続いて異業種交流会を活用して、ビジネスパートナーを探すメリットとデメリットについて解説していきます。

異業種交流会のメリット

  • 参加者全員がビジネスを目的としていて、同じパートナー探しで参加しているので共有しやすい
  • 異業種交流会の参加者が、そのままビジネスパートナーになる可能性もある
  • マッチング行っている異業種交流会なら、当日参加者以外とも繋がることができる

異業種交流会を活用して、ビジネスパートナーを探すメリットは、参加者全員がビジネス目的であり、かつ自分と同じようにビジネスパートナーを探している点です。

ビジネスパートナーを探すという同じ目的を持った人同士で集まり、話ができるので、対面で相手の人間性も把握しながら、参加者同士の周りで誰か紹介できるような人がいないかを、話し合うこともできます。

私達が運営している異業種交流会では、会員間のマッチングも無料で行っていますので、当日参加者以外とも繋がりを持つことが可能です。

ですので、ビジネスパートナーを見つけるために、たくさんの人と協力関係を結んで、ビジネスを行っていきたい方には最適です。

異業種交流会のデメリット

  • 異業種交流会が近場で開催していないと、参加できない
  • 参加するのにスケジュールの調整と、費用と時間が掛かる
  • 一回の参加でビジネスパートナーになり得る人が、見つかるチャンスがあるとは限らない

異業種交流会を活用して、ビジネスパートナーを探すデメリットは、開催日に合わせたスケジュールと時間の調整、またその参加に関しての費用と時間が掛かる点です。

オフラインでの異業種交流会では確かにその問題はずっとありましたが、近年ではインターネットの発達により、オンラインでの異業種交流会も盛んに行われています。

私達が運営している異業種交流会でも、オンライン交流会も開催していますが、実際にオフラインの異業種交流会と変わらずにビジネスパートナーを見つけている方もたくさんいらっしゃいます。

オンライン交流会の最大のメリットは、オフィスや自宅からでも気軽に参加できる点です。 

良いビジネスパートナーと出会い、ビジネスを加速させるために

急ぐビジネスマン

ここまで、ビジネスパートナーを探すために有効なツールについて説明してきましたが、自分が求めている良いビジネスパートナーと出会い、そして今後もビジネスパトーナーとして繋がっておくためには、いくつか重要な点があります。

まず、1つ目は

自分のビジネスの内容を明らかにしておくこと

自分のビジネスの内容が不明瞭であったり、聞いてもよく分からない内容では、相手も協力しようにも協力のしようがありません。

相手が「!」にならず、「?」のままだと何がいけないのかは、この記事が参考になります。

そして2つ目は

ビジネスモデルが良く、良い人と出会えても「あなたと組みたくない」では意味がない

せっかくのチャンスを自分のせいで棒に振ってしまっていては、いつまでもビジネスが加速することはありません。

これまでに挙げたビジネスパートナーを見つけるおすすめツールを使用して、成果に繋げていくためにも、協力してもらえる自分であることが非常に重要です。

この記事をお読みになっている方で、もしまだ私たちが運営している異業種交流会へ参加したことがない場合は、気が向いたらで構いませんのでぜひ一度足を運んでみて下さい。

まとめ
  • ビジネスパートナーを見つけるために、使えるツールは何でも使ってみよう
  • それぞれのツールのメリットとデメリットを把握して、自分に合ったツールを使ってみよう
  • ビジネスパートナーを見つけてそれで終わらないように、きちんと準備をしておこう