好評シリーズ第二弾です(笑)

交流会アンチのご意見としてよくあるのが

交流会に一流は参加していないから意味ない

交流会にいるのは二流、三流ばかりだから役に立たない

この方々の言う「一流」という表現が何を意味しているのかは不明ですが、要は

参加したけど一流どころか誰とも繋がれなかった…ぐぬぬ

といったところでしょう。
今回はなぜこうなるのかを解明していきます。

この記事はこんな人が書いています

1982年生まれ。22歳から現在に至るまで成功哲学の世界に身を置き、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

壁下政和

ナポレオン・ヒル財団 アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

交流会には一流の人はいないの?

一流という表現がツッコミどころ満載すぎる&分かりづらいので、今回は分かりやすく自分より優れている人、としましょう。

交流会にはその業界のベテランさんから大手企業の役員さん、その業界のトップにいる方なども数多くご参加されています。

私が個人的に繋がっている方で全国にいらっしゃるその業界で長年ビジネスを行っていて実績をお持ちの方も、わざわざ東京までお越しになって参加頂くケースもあります。

私は自分のことを一流だ!なんてことはおこがましくて間違っても言えませんが、私から見て

この人私よりこの面ですごいなぁ

という人はたくさんおり、その方々もご参加されています。

この方々と先程の方々が繋がれない原因は一体どこにあるのか見ていきましょう。

自分を過大評価している

万能感に浸っている人

人はどうしても他人を過小評価、自分を過大評価しがちです。

偉人の落語家、古今亭志ん生さんもこのように言っています。

他人の芸を見てあいつは下手だなと感じたら、そいつは自分と同じくらい。
同じくらいだなと感じたら、かなり上。
上手いなぁと感じたら、とてつもなく先へ行っているもんだ。

5代目 古今亭志ん生(明治~昭和の落語家)

また、諺でも人としての在り方を説いたこういった言葉もあります。

実るほど頭を垂れる稲穂かな

人として成長した人格者ほど、稲が実ると先端(頭)部分が垂れてくる事と投影して謙虚であり中身があることの例えとして使われています。

稲の話だけどマメ知識

ちなみに稲は、実(米)がきちんと育っていないと中身のない軽いスカスカの美味しくないお米になります。
なんと!
この時の金色の絨毯と比喩される田んぼの稲はどうなっているかというと、垂れることなくピーンと張った状態になります。
この諺の深いところは、実は中身のないスカスカで美味しくないお米をつけた稲ってまるで威勢だけで中身がない人のことまで揶揄している点にあったり。

古今亭志ん生さんの言葉を借りると先程の発言は

自分も二流、三流で役に立たない、だから誰とも繋がれない

と自分で立証してしまっています。

威嚇する、という意味では非常に動物的で本能的な衝動ではあります。

でもそれで仕事にならなければ意味がなくなってしまいますので、成果を出すためにどうしたら良いのか考えていきましょう。

自分が相手の役に立てるレベルにない

相手にレベルの差を見せ付けている人

交流会で提携したりパートナーとして繋がることは現実にたくさん起きています。

パートナーとして相手の役に立てないと相手とのGive and Takeが成り立ちません。

1あげるから10ちょうだい!

というのは成り立つ可能性が0%ではありませんが、限りなく低い可能性になります。

提供し合えるメリットが同量でも同質でもない

片方に傾いている天秤

これでは相手に見向きもされないのも至極当然です。

まずは相手と対等に話ができるステージに自分が立たないといけません。

また、提供し合えるメリットは同量だったり同質でないといけません。
紹介営業を円滑に行うためにはこの記事が参考になります。

では一体どうしたら良いのか?

不安に感じている女性

ここからはゲームの世界に例えると非常に手っ取り早いです。

まずはレベルアップしよう

levelupと書かれた鍵

自分のレベルが1の状態では、いきなりレベル10のボスには勝てません。

まずは自分がしっかりとレベルアップして、対等に立てるラインまで持っていくことが肝心です。

レベルアップにスキップなんて便利機能はありません。

地道にコツコツと上げていく努力が必要です。

レベルアップのために経験値を稼ごう

ステップアップしていく人

レベルは待っていても上がりません。

レベルアップするためには経験値を稼がないといけません。

苦戦を強いられることもあるでしょう。

時には負けることもあるでしょう。

そういったことを一つ一つ乗り越えていくことが経験値となり、自分のレベルアップの礎となります。

一人で対応しきれない場合は仲間を募る

堂々としている4人の男女
一人の大きな協力者(パートナー)になり得る人を見つけた!

でもどうしよう、私一人で同じだけのメリットの提案はできない…

そのような時は相手が一人(一社)でこちらの望んでいるものを提供できるからといって、こちらも一人(一社)で対応しなければいけないわけではありません。

例えば相手が10出せる相手で今の自分では3しか提供できないのであれば、同じメリットを求めている人で残りの7を出せる仲間を募れば良いのです。

まとめ
  • 自分を過大評価しない
  • まずは自分のレベルを上げよう
  • 一人で無理な場合は仲間を募ろう