交流会では目の前の人にいかに商品やサービスを売るか?

ではなく

いかに協力体制を結べる人を増やせるか?

がポイントになります。

私達TACT運営も、実際にこれをフル活用して本事業のプロモーションに活かして成果を上げています。

これを上手に使いこなせる方は交流会からあっさりとパートナーを作ってどんどん事業を拡大していき、TACTを卒業していきます。
交流会の運営をしていて面白いのは卒業された参加者さん達ともその後も繋がっていられることと、その方々からたくさんの良い人をご紹介頂けることです。

TACTの会話の中でも運営から促しているのもあるので常日頃から協力体制の提案がされているのを見かけます。

ただし!

それがどんな内容でも良いのか!?
となると話は全然変わってきます。

この記事はこんな人が書いています

1982年生まれ。22歳から現在に至るまで成功哲学の世界に身を置き、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

壁下政和

ナポレオン・ヒル財団 アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

「紹介して下さい!」のよくあるケース

ここからは実際に交流会でよくあるケースをご紹介していきます。

誰でもOK!

紹介されている男性

こういった何の制限もない自由な時ほど、人は悩みます。

ご飯何食べたい?

何でも良いよ!

( ゚Д゚)…
(ちなみに作る側はこれを言われると一番悩みます。せめて肉とか魚とか、和とか中華とかカテゴリでも良いので何か提案を…)

と一緒ですね。

誰でもOK!は蓋を開けると誰でもOKではない

そして誰でも良いとの事だったので、とりあえず誰かを紹介してみると意外に

こういう人ではなくて、もっとこういう人が良いですね~

と後からちゃんとした条件が出てくることがほとんどです。

誰でも良いので紹介して下さい!は後回しになりやすい

どんなにその人のためになろうと考えていても、アンテナを張る基準がない

誰でも良いので紹介して下さい!

は後回しになりやすいので結果的に「誰も紹介が出てこない」になりやすい症例です。

元気な人なら誰でも!

元気な女性

明確なようで実は誰にでも当てはまる

こちらも誰でも!に比べると一歩進化していますが、もっと深みが欲しいところです。

営業マン
個人事業主の方
自営/店舗オーナー
会社経営者

こういった方々は皆さん普通の人よりも活発で元気ですのでこれまたほぼ全員当てはまってしまいます。

お金稼ぎたい人

お金とビジネスマン

こちらも誰にでも当てはまる

日本はお金を稼ぐことを全面的に出すと一歩引く人が多い文化の国ですが、これはそういった意味とはまた異なります。

なぜこの条件で紹介が出てこないかというと
「そうでない人がいないから」です。

つまりは、みんなそうだよね。となりますので対象が全員となります。
これでは結果的に「誰でも良いので紹介して下さい」と変わらなくなってしまうのです。

美容や健康に興味(悩み)がある人

美容施術を受けている女性

最近では男性も美容意識が高いのでほぼほぼ誰でも当てはまる

え、これも!?と思われがちですが「お金稼ぎたい人紹介して下さい」と変わらなくなってしまいます。

美と健康の追及に終わりはないものですので、誰もが軽度か重度かの違いはあれど持っているものです。

何がいけないのか?

悩んでいる女性

良かれと思って広くしている結果、ボヤけてしまう

シンプルなのも間口を広く構えておくことも素晴らしい事です。

しかし、せっかく紹介を貰えるチャンスが目の前にあるとしたらそれを有効活用しないのは非常にもったいない事です。

何を変えないといけないのか?

閃いた女性

焦点を合わせることで周りの人が反応しやすくする

周りの人に協力してもらいやすくするためには、周りの人の記憶やアンテナに反応しやすくなるようにしましょう。

具体的にすること

間口を狭くしてでもターゲティングをする
より鮮明で明確な条件や特徴などを決める

こうすることで

あ!そういう人、私の知り合いにいます!

と思い当たる節があったり、この先どこかで条件に合った人に会った時に

それならこの人紹介できそうだ!

と思い出してもらえる可能性が上がります。

自分自身をはっきりと相手にイメージづけるためにはどうすれば良いのか?はこの記事をご覧下さい。

ここから先は実際にどういったものが紹介に繋がったりするのか?の実例です。

実際に紹介に繋がっていた一例

教えている女性と学んでいる女性

ゲーム好きの人がいたらご紹介して下さい

これは実際に私が一年半ほど会を運営しながら言い続けていたことです
結果的にそれで全国150名弱の方のご紹介を頂く事ができました。

料理のレパートリーを増やしたい主婦の方がいたらご紹介して下さい

この方は私が実際にTACTを巣立っていくところまで見届けた方です。
ターゲットも絞られていて、また皆さんの印象にも残りやすいのでたくさんの方から次から次へと紹介が舞い込んでいました。

フットサルが好きな女性の方を探しています

この方はすぐにたくさんの方を集めてあっという間に女性フットサルチームを作り上げることができました。

30坪以上のオフィスを使用している企業の社長と会いたいです

この方は過去に福岡から上京してきた個人の方ですが、TACTを利用して1年後には起業して社員を雇用するまでに拡大していきました。

ゲームや料理やフットサルじゃ仕事じゃないじゃん…

それじゃ仕事に直接繋がらないんだよ…

果たして本当にそうでしょうか?

今すぐ結果が欲しい!
仕事に直結させたい!

そういった思いがあるのはお察ししますが、交流会は参加している目先の人間に売ることだけを考えていたらいつまでも紹介の出ないスパイラルから脱却することは出来ません。

交流会に出ても何も得られないよ

交流会に行ったけど全然ダメだった

こういったケースの方に会ったら

交流会に出て何をしてどうなったのか?

と、ヒアリングしてみて下さい。

そのほとんどが

参加者と後日アポを取って会ったけど売れなかった(仕事にならなかった)

と答えます。

その道、近道?回り道?

近道と回り道の看板

先程例として挙げた方々は、皆さん実際にTACTで仕事に繋がり事業を拡大していかれた実例です。

こういったパートナーシップ(協力関係)が構築されるからこそ、結果的に仕事にも繋がるのです。

近道をしているつもりがいつまでも紹介は出ず時間だけが過ぎて結果的に遠回りになるよりは、遠回りしているようでもきちんと仕事に成果として繋げていく方が交流会の活用術としては正しい方法です。

まとめ
  • 交流会では売る人を探すのではなく、協力体制を結べる人を増やそう
  • 相手のアンテナに受信しやすいターゲティングや特徴を定めよう
  • 近道を探すよりも結果に繋がる道を探そう