どれだけ大量に行動してもなかなか成果に繋がらない…

動けば良いのは分かっているんだけど重い腰が上がらなくて…

といった相談を受けることがよくあります。

なぜそうなってしまうか?

その原因は一体何なのか?

今回は誰もが知っていて、日常でも当たり前に活用している「平均」というものを使ってそのメカニズムに迫ります。

この記事はこんな人が書いています

1982年生まれ。22歳から現在に至るまで成功哲学の世界に身を置き、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

壁下政和

ナポレオン・ヒル財団 アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

ベクトルと量が正しければ必ず成果へ結びつく!【平均の法則】

十分な人数に向けて理に適った形で望みのものを与えてくれるように頼むと、平均の法則によってあなたの成功は保証されます。

まず、確かに言えることは「向こうからあなたを探しには来てはくれない」ということです。

ですから、まずあなたの方からコンタクトを取らないとならないのです。

最良の方法は手紙を書くこと、あるいはコンタクトを取りたいと思っていることが重要であれば電報を送ることです。

これが知っておくべき相手、知りたい相手、自分を知っておいてもらいたい相手と最初にコンタクトを取ろうとする時に友好な、頼むという人間影響心理学の利用法です。

時間は掛かります。

一回学んだけだったり、第一回目で成果に繋がるとは思わないことです。

だからこそ、平均の法則があなたの計画の重要な部分となってくるのです。

接触相手を増やすためには、もっと大勢の人がいるところに行かなくてはなりません。

もちろん失敗もあります。

一回トライしただけで成功するだろう、などという期待は持たないことです。

スポーツで言うように、勝つときもあれば負けるときもあるのです。

オンラインの時代の今だからこそ、インパクトがある手紙や電報

オンラインでメールやLINE、その他通信手段が多数ある中で

時代遅れでアナログな手紙が効果なんて発揮するのかな?

と思い込んでいる場合は、今すぐに考えを改める必要があります。

例えば身の回りの人に試してみて下さい

携帯電話のホーム画面を見せてもらって下さい。

おそらくメールやLINE、メッセンジャーなどのアイコンが目に入るはずです。

そのアイコンの右上にある赤い丸の数字(未読の数)は一体いくつになっているでしょうか?

未読が全くない人と、ある人の割合はどの程度に分かれるでしょうか?

実はかなりの人が、緊急の連絡や重要な相手以外との連絡以外に関しては放置しています。

一方で、手紙や電報は送り主の確認はほぼ確実に行います。

この時点で送り主が知らない人の場合は中身を確認せずに捨てられてしまう確率も高いですが、送り主を知っている場合ならとりあえず中身は確認します。

知り合いであれば未読になる可能性の方が低い分、デジタルツールよりもよっぽど活用できるのです。

これが電報になると、更に必ず注意や行動を呼びます。

電報は長ければ長いほど、一層注意を引きます。

攻めるターゲットはトップ一択

DMや葉書、FAXなどでももはや一般的になっていますが、送るのであればトップから攻めるのが一番良い方法です。

担当者宛てに送る手法も主流になっていますが、あなたの依頼状にトップのサインが貰えると、トップ自身が直接に行動はしてくれないまでも、より良い処遇を受けることができます。

電話はスピーディでコミュニケーションツールとしても有用だが

最初に永続的な関係を築きたい場合には、はっきりとあなたの名前と住所が入っている手紙か電報を使った方が確実

また、手紙と電報は実際の仕事をする人に宛てるよりも、トップの人を受取人にした方が効果的で便利なコミュニケーションになり得るものであり、然るべき推挙の言葉が記してあれば、他人に見せて自慢の種にされることにもなります。

これらは全て簡単に書けるただ一通の手紙から生まれたことなのです。

手紙や電報を送る際には

必ず相手を褒めるようにすること

秘書や部下は、自分の上司への正しく適切な称賛の字で溢れた手紙や電報をポイと捨てる気にはなれないものです。

賛辞は必ず良い印象を生む

それから持ち得るアイデアとイマジネーションを駆使して、自分自身にできる協力を申し出ます。

どんな重要人物でも、自分の望みを達するために心から協力してくれるという相手がいれば、歓迎するものです。

いずれにせよ、相手はあなたからの協力の申し出を考慮に入れますから、そういった形で相手との関係を一層強力なものにできるのです。

歓迎されていない原因はTAKE and GIVE

まずは自分から自分にできることを申し出ることです。

名前は自分から名乗るのと同じです。

間違っても

「◯◯して下さい!そうすれば◯◯できます!」

このような申し出はしないことです。

これではその提案はほぼ通ることもなく、相手から連絡が来ることもありません。

これは過去に実際に私が体験した話ですが、ある営業マンが私の元へ紹介で繋がれて連絡が来たことがありました。

初めまして!漫画家のお知り合いがいるとのことでご紹介頂きました!

おりますがどういったご用件でしょうか?

僕も漫画が大好きなので、漫画家の方へ向けて◯◯(商品)のご提案をしたいと思っています!

これ以上は何も話すことはなくなったのは言うまでもありません。

それにこれでは、私へ紹介した人間の信用まで失ってしまいます。

紹介が出なくて悩んでいる、正しい紹介営業の流れを知りたい方はこちらの記事が参考になります。

自分ができる申し出をして初めて次のステップへ

次にようやく、手紙や電報を送る相手に何かをして下さい、と頼むことです。

まず相手は、あなたの頼み通りにするかどうか考えます。

そしてそうすることにした場合には、どうやっていつするかを考えます。

相手があなたの頼み通りにしないことを決めた場合、あなたが正しく人間影響心理学を使っていれば、向こうはあなたに対してその理由を説明する義務があると感じるはずです。

うまくいかない場合

その手法を行った自分自身に何か間違いや問題があります。

手法が間違っているのではなく、勘違いや使い方を間違えてしまっているのです。

アクセルを踏まないといけない状況でブレーキを踏めば事故の元になります。

引いて切れる包丁で、一生懸命に押しているのと同じです。

先程既にお話したように、丁寧に賛辞を交えて自分に頼み込む方法を取っている手紙や電話を無視できる人などはいません。

最後に、相手はあなたの頼み通りにしてくれる、という信頼の念を相手に必ず表明して下さい。

相手との関係は「維持できている」ことで初めて価値が生まれる

最重要人物のうち最低でも100人と個人的によく知り、しかも相手にもよく知られているような関係を作るようにして下さい。

あなたの成功を大きなものにしたければしたいほど、あなたの業界、県、国全体へと手を広げて、自分に協力してくれるパートナーシップを大きくしていって下さい。

あなたの人脈が広く、重要なものであれば

あなたの評判も上がり他の人々にとってさらに貴重な存在となることができます。

国、知事、大企業の社長など、重要人物の名前が出せるようになり、何かの時にこういう重要人物の力を借りる必要があれば、口添えができるような存在になれば良いのです。

重要な相手にあなたと関係性を持たせるようにし、相手もあなたをよく知るような関係になっていなければ、コンタクトだけ取ってもあまり役には立ちません。

そのためには常に慎重に、重要な相手とのコンタクトを維持すること

これは常に手紙、電話、電報、訪問などでフォローをするということです。

アプローチも維持も、必ず全て「平均」で法則化される

平均というものは立派な法則です。

確率とも言われます。

これは、あなたが

頼むという手法を一定人数の相手に対して使った場合、その内の何%かはあなたの頼みを聞いてくれる

という単純なことです。

つまり頻繁に頼めば頼むほど、さらには効果的に頼めば頼むほど、あなたの頼み通りにしてくれる人の数は増えていきます。

例えば野球だったら

・1打席でヒット1本を打つことは難しくても、3打席、10打席と打席に立つ数を増やしていけばヒット1本を打てる可能性は上がっていく

・ヒットを打つ確率を上げていきたい場合は、バッティングやスイングなどの細かい点を見直してより精度を上げて練習を積み重ねていくことで打率を高めることができる

ですので成果を収めるためには、しなければならないことが2つあります。

  1. 頼み方のテクニックその他の成功法を全て完全に学び、練習し、活用すること
  2. 頼む相手の数をどんどん増やしていくこと

平均の法則はあなたが頼む相手の数に基づいています。

頼む相手が多ければ多いほど、望みのものが手に入る確率が上がっていくのです。

こうして、頼み方と平均の法則を結びつけることにより、成果をより確実なものに出来ます。

もちろん、打席に立つ度に必ずホームランが打てるとは限りませんが、精度を上げることと維持をすることの2つで、成果も必ず平均化されて享受することが出来ます。

頭の中が10割バッターだから混乱してしまう

あなたの行動が平均の法則によって保証されていることを知っていれば、頼みに対してNOという返事が返ってきても決してパニックを起こしたりはしません。

NOという答えもあるだろうというのは、予期されていること

誰もが毎回毎回、1回頼んだだけでYESと言う訳がないのです。

中には、決してあなたの頼み通りにしてくれない人もいます。

実際にそれはその人にとってはできないことだからです。

ですから、そんな事で毎回毎回ビクついてはいけません。

常にいつでも多くの相手に対して頼み方のテクニックを応用していけば、平均の法則があなたの成果を保証してくれるということは既に誰もが知っている事実です。

それであればやるべき事は、起こった事実に混乱したり悩んだりすることではなく、頼む相手の数と質を増やしていき、平均の法則があなたにますます多くの成果をもたらすために一歩踏み出すことです。

でも…、とは言っても…、となかなか場数を踏む前に足踏みしてしまう方には、こちらの記事が参考になります。

まとめ
  • 手紙や電報でコンタクトを図るなら相手はトップ一択
  • 必ず自分ができる協力を、自分から申し出ること
  • 必要なだけの準備と行動があれば、平均の法則が必ず成果に導く