異業種交流会で「二度目まして」の出会いを活用する人は成果も早い

再会を表す彼岸花

なぜ花?と思われましたか?

「彼岸花 花言葉」

と検索してみて下さい。

二度目まして、という日本語は正確には存在しません。

私が「初めまして」を文字ってセミナーや研修で勝手に使っていた造語ですが、他に使っている人っているのかな?と検索してみると、同じことを考えて使っていらっしゃる企業から個人の方が、日本中にたくさんいらっしゃるようで新たな発見でした。

今回は、異業種交流会での「二度目ましての出会い」を上手く使えている人が、なぜ早く成果に繋がるのかを解説していきます。

この記事はこんな人が書いています

1982年生まれ。22歳から現在に至るまで成功哲学の世界に身を置き、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

壁下政和

ナポレオン・ヒル財団 アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

異業種交流会で二度目ましての再会はとても貴重な出会い

ハイタッチする女性

二度目ましての出会いは、初めましてを経由しない限りは決してなり得ません。

つまりは自分が今までに会ったことのある人のみが、その分母になります。

初めましての人は今までに出会ったことがある人を、日本の人口から差し引いた分だけいる訳ですから、それはもうたくさんいるのです。

今までに出会ったことのある人が、今の地域にどれだけいるのか?

日本地図の模型

また、その地域にどれだけの人口がいるのかを考慮すれば、自然と二度目ましての出会いの価値が非常に高いことがよく分かります。

そんな二度目ましての出会いを蔑ろにしてしまうのは非常にもったいないことです。

思い当たる節がある人は、以下の記事を参考にすると二度目の出会いを活かすことが出来るようになります。

異業種交流会ではついつい「初めまして」の出会いを探しがち

名刺交換している様子

異業種交流会ではまだ出会ったことのない新規の方を探し歩いて、名刺交換したりする人を見かけます。

確かに初めましての方との未知の出会いは貴重です。

しかし、それと同等かそれ以上の価値を、二度目ましての出会いも持っています。

異業種交流会で二度目ましての人の対応を見れば、その人が分かる

例えば、初めましての出会いの時に

そうなんですね!そういう人がいたらご紹介しますね!

というセリフを聞いて、それっきりになってしまうような人は身の周りにいませんか?

紹介営業やビジネスマッチングができる人は、今まで出会った人のことを大切に扱い、貴重にします。

紹介営業が上手い人のポイントは、この記事が参考になります。

もし誰からもそれっきりな対応されている場合、逆に自分自身に問題がある可能性があります。
その場合は出会いを大切にして、自分を相手にきちんと伝えないといけないので、こちらの記事をご覧下さい。

二度目ましての出会いの人とも付き合えているかどうか

人付き合いが上手な人
その人の周りに二度目ましての人がたくさんいるかどうか

それだけでも継続した人間関係を構築できているのかが分かります。

異業種交流会では、自然と初めましての方とは名刺交換を行います。

二度目ましての出会いの方とは以前に名刺交換をしていますので、肩書が変わったり転職をしたりしない限りは、自然とそのまま会話に入りますのですぐに分かります。

大概の人はお久しぶりです!の使い方を間違っている

例えばこんな経験ありませんか?

お久しぶりです!お元気ですか?

お久しぶりです、どうしましたか?

実は新しいビジネスを始めまして!◯◯がこうなって△△なんです!

これではせっかく返信が来ているのにも関わらず、相手を失望させるだけで終わってしまいます。

これでは貴重な二度目ましての出会いを、自ら潰してしまっているようなものです。

営業がうまくいかないとお悩みの場合、以下の記事を参考にすれば改善されることがあります。

今からでもできる二度目ましての出会いの人との付き合い方

二度目の出会いを蔑ろにしてしまっていた場合

今からでも遅くないので、これまでに繋がっていた人ともう一度連絡を取ってみましょう。

そして人間関係の構築から入り直します。

間違っても先程のように、急に自分のビジネスの話などを伝えても良い結果は得られませんので、時間の無駄になります。

次に、二度目ましての出会いを喜ばれる人になるとどうなっていくのかを解説していきます。

自分が二度目ましての出会いを喜べる人は、どんな人か考えてみる

連想している女性

例えば異業種交流会の会場などで、ふとしたきっかけで再開した時に

お~◯◯さんじゃないですか!お久しぶりです!

となるのか

げっ、◯◯じゃん

となるのか考えたら分かり易いですよね。

もう一例を挙げると

その人が変な人や危ない人だった場合

自然と人はその人とは付き合いたがらず、その人の周りから離れていきます。

つまり、その人の周りには常に新しい人がたくさんいることはあっても、長い付き合いの人はおらず、浅く広い関係を築いていくしかないことになります。

自分の行動が間違っており、結果的に下記の記事のような状態にならないためにも、改善することが必要です。

人付き合いが上手く、出会いから成果に繋げている人脈が広く深い人

このような人は人との出会いを大切にし、繋がっている人全員と長い付き合いの中で、その数が増え続けます。

結果的にさまざまな業種のたくさんの方と新たな出会いも発生して、どんどん広く繋がっていきます。

三度目まして、四度目まして、の出会いでパートナーになることも

握手するビジネスマン

たとえ初めましての時には上手く関係性が築けず、提携できたりパートナーになれなかったとしても、二度目、三度目、と出会いの数を重ねることで、提携できるチャンスやタイミングを迎えることもあります。

つまり、何度出会っても付き合い続けていくことで、損な事は何一つない

出会いの数を重ねて繋がった経験がある人は、関係が切れないように付き合い続ける

付き合いながら進む道のり
  1. 今までの経験から初めまして以外の出会いの重要性を知っている人

    自分が付き合い続けたい人とは、定期的に連絡を取り繋がっています。

  2. 相手も自分との出会いを同じように思っている場合

    お互いに連絡を取り合うので、結果的に頻繁に連絡を取り合うことになります。

  3. 出会いを何度も続けたその結果

    お互いにマッチングできるような、人材やアイデア提供の提案の連鎖が起きます。

異業種交流会からの出会いで、ビジネスマッチングがどのように行われているのかが気になる方は、この記事を参考にして下さい。

まとめ
  • 二度目ましての出会いはとても貴重
  • 初めましてと二度目ましての出会いは同価値
  • 出会いを大切にし、マッチングし合える人は継続して連絡を取り合える人