交流会には個人の方から上場企業の方まで日々さまざまな業種の方がご参加されます。
よく

交流会で良い人と繋がった

やっと提携先が見つかった

TACTに参加してパートナー企業ができた

と話は聞きますが

本当に?ただの営業トークじゃなくて?

本当はマッチングなんて起きてないでしょ?

だって実際に参加しているけど全然繋がったことないし…

と疑問をお持ちの方に向けて、実際にTACTでマッチングまでの成功事例も踏まえて解説していきます。

この記事はこんな人が書いています

1982年生まれ。22歳から現在に至るまで成功哲学の世界に身を置き、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

壁下政和

ナポレオン・ヒル財団 アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

ビジネスマッチングってそもそも何?

人が繋がる様子と都心のビル群

基本的にビジネスにおいて自社のみで完結型というものは、自社がそのすべてを持ち合わせていない限りありません。

資本も人材も潤沢な大企業であればそれもまた可能ですが、現実的にはなかなか難しい話です。

その自社で足りないものを補い合える関係を作ることがビジネスにおいて重要なポイントになります。

分かりやすい例

メーカーと販売会社、店舗や企業と広告代理店など

それを繋げる場所や機会、サービスなどをビジネスマッチングといいます。

ビジネスマッチングは銀行や証券会社、上場企業、士業などでも顧客へ行われている

一昔前までは自社の顧客同士での横の繋がりを持たせることあまり活発には行われていませんでした。

しかし、近年では顧客が抱えている悩みや問題を自社の顧客同士をマッチングさせて解決させることで、そこからさらに紹介が増えて顧客獲得のチャンスや宣伝になることからバックエンドとして活用されています。

そして現在ではビジネスマッチングをメインコンテンツとしたアプリや企業、サービスなどもたくさん生まれています。

実際にTACTの運営母体でもあるロイヤルエンゲージメントでも、取引先の銀行や様々なところからのマッチングの機会を頂いています。

ビジネスマッチングってM&Aと何が違うの?

握手するビジネスマンとグラフ

M&Aとは基本的に「合併」や「買収」といった意味で使われます。

近年ではさらに広い括りにして「提携」といった意味でも用いられることがありますが、昔からの馴染みの意味ですとこの印象の方が強いですよね。

合併や買収の場合は企業としてより深く、企業内部まで関わることで自社の事業拡大などを自社の都合で行うことができます。

一方で、ビジネスマッチングの場合は完全に友好関係での提携といった意味合いになります。

困っている人や企業同士が繋がることで、お互いの足りないものを補完して両社ともに成長しましょう、といった形です。

BtoB、BtoC、CtoCでもビジネスマッチングは起きる

個人間ではあんまり成り立たないよね?

と思われがちですがそんな事はありません。

実際にTACTでは個人事業主の方でもたくさんのマッチングが成立しているのを今までも見てきています。

私達TACT運営も、実際に個人の方と仕事に繋がりパートナーとして提携している方がたくさんいます。

ビジネスマッチングは個人事業主やベンチャー、中小企業の方が起こりやすい

ビジネスマッチングって大企業でしか無理でしょ?

こちらもよく思われがちなのですが、個人事業主やベンチャー企業、中小企業の方がマッチングは起こりやすいです。

実際にTACT運営でも合いそうな企業の方や個人の方がいればマッチングしたりしています。

これらは例えるとパズルのピースみたいなものですので、欠けているものと持っているものが明確な場合ほどマッチングは起こりやすくなります。

ビジネスマッチングに費用は掛かる?

基本的に先程に挙げたような銀行や証券会社、上場企業、士業などで顧客に向けたもので行っているものは費用がかからない場合が多いです。※一部例外もあり

マッチングサイトやアプリ、それらをメインコンテンツとして行っている企業などの場合は成功報酬が発生します。

TACTの場合は成功報酬なども頂くことはせず、サービスの一環として行っています。
(マッチングを当たり前としたり、丸投げしてくるような場合はお断りしています)

ビジネスマッチングは起業したばかりでもできる?

まだ実績ゼロだし…

先日起業したばかりでまだ顧客もいないので…

といった場合でもマッチングは起こります。

そういった場合にはいきなり相手の希望を高望みをしたり自分と不釣り合いな相手ではなく、分相応な相手とであれば簡単にたくさんの方と繋がることができます。

そういったスタートアップの方から上場企業などの方までたくさんの方が参加されているのが交流会の醍醐味でもあります。

紹介営業がなかなか成果に繋がらない方は、ポイントとコツをまとめているこの記事が役に立ちます。

ビジネスマッチングの仕組みと効果

パズルのピースとビジネスマン

ビジネスマッチングのポイントは先程も挙げた通りで

重要なポイント

お互いのパズルのピースで、欠けた部分を補完し合えること

これが前提であり、全てです。
ですのでまずは

まずやること

自分の持っているピースと、足りないピースを明確にすること

これが前提になります。

足りないピースは一つとは限りませんので、今の自分に足りないものは全て挙げておけるようにしておきましょう。

こちらは持っているピースに関しても同様です。

それができて初めて、次のステップである「補完し合える相手」を探すことができます。
そして、どちらのピースも複数明確になっていた方が相手が見つかる可能性も高くなります。

ビジネスマッチングの成功事例

以下は実際にTACT運営が今までに何百件とマッチングした事例の抜粋です。

こんな業者同士でも繋がれるんだ~

と意外なものもあるかもしれませんが参考にしてみてください。

今までマッチングした成功事例

  • IT関係とクリエイター
  • 芸能プロダクションと芸能プロダクション
  • 映像制作とEC団体
  • SEとSE
  • 運送業とHP制作
  • 農業と金融
  • 保険業とカフェオーナー
  • 酸素カプセル営業とサロンオーナー
  • 飲食店オーナーとパソコン教室
  • グッズ作成とオーダースーツ作成
  • オフィス移転とダイエットコーチ
  • アパレルと美容教室
  • 留学生の職業斡旋とデザイナー
  • 婚活マッチングとゲーム会社
まとめ
  • ビジネスマッチングは金融業、大手企業、士業などでも行われている
  • 個人、ベンチャー、中小企業の方がマッチングは多い
  • 自分の持っているピースと足りないピースを明確にすること