よくある交流会アンチはこういった意見の人が多いです。

交流会には売りたい人が参加しているので買いたい人はいない

その場にいる全員が売りたい人なので参加しても意味がない

じゃあどうしたら良いのか?

それにはこんな便利な解決法があるよ!
そんな悩みとはこれでお別れ!

といった自分たちのビジネスに繋げる導線のフックになるのですが(笑)

この記事はこんな人が書いています

1982年生まれ。22歳から現在に至るまで成功哲学の世界に身を置き、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

壁下政和

ナポレオン・ヒル財団 アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

交流会って参加しても意味ない?

アンチ語りからの顕在見込みに対する導線のフックは置いておいて、十人十色の意見があるのは良い事ですがそれを見てせっかくの機会を先入観で逃してしまっている人がいるのは非常にもったいない事です。
そこで運営としてこういった意見に対してどう考えているのかを明確にしておくことで、少しでも参考になる方がいればと思いまとめてみました。

本当に交流会は売りたい人しかいないので参加しても意味ない?

不安に感じている女性

結論から言うと、そういった売る買うの平面的な考え方の場合は残念ですが交流会に参加しても全く意味はありません。

参加しても誰にも見向きもされませんし、後日詳しく話を聞いたりなどのアポに繋がることもほぼほぼ有り得ません。

それであれば交流会に参加するよりも今すぐテレアポや訪問販売に切り替えた方がまだ成約のチャンスがあります。

一体何が間違っているのか?

間違いに気づく女性

交流会に出ても買いたい人はいない、だから意味ない。

というのは裏返せば

自分自身に売りたい意思がある
⇒でも会の中に買いたい人はいない
⇒そんな人たちに売り込んでも相手も売りたい相手だからお互いに売りたい意思しかないので売れない
⇒だから出ても意味ない

これはつまり、自分自身が会の中で目先の契約や顧客を探していることの証明をしてしまっています。

もちろんそれで参加するのも悪い訳ではありませんが、交流会の活用術としてはあまりに残念な使い方になってしまっています。

もしかしたら奇跡的に見込み客に出会える可能性もゼロではありませんが、それではもちろん売れるわけもないし、交流会に出る意味もないよね、となります。

これではもはや恋愛で一目ぼれの人を探し続ける途方もない旅になってしまいます。

蛇足ですが私が個人的にセールスが趣味というレベルで好きなのでセールス的なお話も混ぜると、相手に買う意思がないと売れないなら、それはもはやセールスマンではなくショップなどを構えて来店したお客さん対応を行う接客業です。

目先の人に売りたい、直接セールスしたい、すぐに契約に繋げたい、というのであれば交流会に参加しても出会う人は皆さん初対面な訳ですから、わざわざ参加費を支払って交流会に出なくても同じ初対面ですぐにセールスに入れるテレアポや訪問販売を行っていた方が、リスト(対象)は交流会参加者よりも大量ですので交流会に参加するよりも全然有効です。

交流会には本当に売りたい人しかいないのか?

不安に感じている女性

交流会参加者で何もしていない人はそうそういませんので、これから何かを始めようとしている人か、何かしらのビジネスを持っている人たちがほとんどです。

ですので売上を上げたい、業績を伸ばしたい、事業拡大したい人がたくさん参加しています。

そういう意味では確かに売りたい人です。

その他にも交流会に初めて出る方や、あまり参加経験がない方で参加してきて会の中で顧客や見込みを探されている方もいらっしゃいます。

しかし、ほとんどの方は

この中でウチの商品を売れるのはどいつだ!?

と探しているわけではなく

この中でパートナーとして協力関係を築けるのは誰かいないか?

といった使い方をしています。

一体何が間違っているのか?

間違いに気づく女性

つまり売りたい人しかいないのではなく、売る意思は全員が持っています。

その中で協力関係を組める、提携できる相手はいないか?といった一次元先の考え方をしています。

平面的な考え方の「売る、買う」ではなく立体的な考え方の「組む」なのです。

平面的な考え方の場合、TACTの会の中でも良く行われている「アイデアの交換」などと聞くと理解が及ばず

何で相手と協力するの?

そんなことして何になるの?

と「?」だらけになるはずです。

交流会に限らず他の媒体でも行っていることは同じ

想像している女性

よくあるビジネスコミュニティなどでも

コミュニティ内で「売る相手を探す」ことをしている人はいません。

ほとんどの人が

コミュニティ内で「組める相手を探す」ことをしています。

TACT運営も実際に会の中でパートナーを作ることで本事業のプロモーションが成り立っています。

もし交流会が毎回成約できるオアシスのような場所だったら!?

これは仮に、あくまで仮のお話です。
交流会に参加する度に毎回見込みが見つかって商談に繋がって成約していたとしましょう。

いくらの商材を扱っていてどれくらいの利益があるのかは業種や業態によって異なりますが、1~3000円の交流会に参加して会社として毎契約何十万、何百万の利益が上がるとしましょう。

それこそとんでもない費用対効果です。
そんな夢物語みたいなことがあるわけはありませんよね(笑)

でも、参加しても意味ない(売れない)よ、とはそういう事です。

つまり、「行っても意味ないよ」は夢物語が前提であることがほとんどなのです。

交流会を活用している人は現実を見て着実にパートナーを増やし、結果的に成果を積みあげて事業成長へと繋げていきます。

まとめ
  • 交流会は自分の在り方次第で有効的に活用できる
  • 売る・買うの平面的な考え方から組むという立体的な考え方へ
  • 交流会には売りたい人も一定数存在するが組みたい人がほとんど