営業マンにおすすめの副業は「営業代行」?効率よく仕事を獲得するには?

カフェで仕事をする女性

近年では副業が解禁されている企業も増えていますので、営業マンとして働いている方の中には

自分の副業として営業代行に挑戦してみたい

と考えている方がたくさんいるでしょう。

実際に異業種交流会へ参加されている営業マンの方からも、こういった話を聞くケースが増えてきました。

副業をこれから始めてみたい方には、この記事が参考になります。

そこでこの記事では、営業代行とは一体どんな仕事なのか、効率よく仕事を獲得するためにはどうすればいいのかということについて、詳しく解説していきます。

この記事はこんな人が書いています

1982年生まれ。22歳から現在に至るまで成功哲学の世界に身を置き、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

壁下政和

ナポレオン・ヒル財団 アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

営業代行って聞いたことはあるけど、具体的に何をするの?

考え込む女性

営業代行というのは、その名の通り他社製品やサービスの営業を代行して行う仕事を指します。

一般の会社員であればその企業に所属して勤務を行いますが、営業代行の場合は基本的に業務委託契約を結んで仕事を行うことになります。

営業代行の働き方には様々な種類があり、月額報酬で働くこともあれば、成果報酬で働くこともあります。

世の中にある上場企業や、大企業でも

売り込みたい製品やサービスはあるが、営業リソースが足りない

という悩みを抱えている所も多く、外部に委託して優秀な人が成果を出してくれるのであれば、その報酬も成果に応じて支払います、といった企業が増えており、営業代行にも注目が集まっているのです。

分かりやすい身近な例ですと、近年ではSNSの力を実感している企業が多いので、インフルエンサーにマーケティングを依頼するケースが増えています。

これも一種の営業代行です。

営業マンの副業に「営業代行」をおすすめする理由

パソコンを操作している女性

では次に、営業マンの副業に「営業代行」をおすすめする理由について、詳しく解説していきます。

自分の経験やスキルを活かせる

副業の成果を最短で出すためには、それなりのスキルや経験が必要になってきます。

新しい分野の副業に挑戦し、少しずつスキルや経験を磨きながらレベルアップしていくというのも1つの方法ではありますが、より早く成果を出したいと思っているのであれば、自分の得意分野で勝負することが一番の近道です。

営業マンの方は、言ってしまえば「営業のプロ」ですので、営業代行を副業に選ぶことによって成果を出しやすくなると言えます。

その一番の原因は、日々の営業活動を行う上で「出会う人の数」です。

この数が多ければ多いほど、アプローチできる人や協力してくれる人の数が多いので、自然と多馬力になることで成果にも繋がりやすくなってきます。

協力者を増やし、紹介営業で見込み開拓を行いたい方には、この記事が参考になります。

もし、あなたが今、出会う人の数を増やしているのにも関わらず、成果に結びつかないとお悩みの場合にはこの記事が参考になります。

様々な業界で仕事ができる

営業代行を行う場合、所属をどこか一箇所に決める必要もなく、また案件も自分が対応できるだけ抱えることが出来ますので、様々な業種の様々な企業から案件を受注できるようになります。

1つの会社に勤務し、その会社の製品やサービスだけを営業していくわけではないため、万が一提携元の企業が倒産したり、案件がなくなってしまったとしても他の企業で補うことが出来るので、リスクヘッジに繋げることもできるのです。

また、様々な業界の知識を増やしておけば、営業職のオールラウンダーになることができますので、様々な企業から引っ張りだこになる可能性もあります。

初期費用が掛からない

副業の中には、初期費用が掛かるものもありますが、営業代行のほとんどは余分な費用をかけずにスタートすることができます。

高額な初期費用が発生する副業に挑戦する場合、始めた瞬間に負債を背負うことになるのですが、営業代行の場合は完全ノーリスクで始められるのです。

そういった意味でも、ローリスクでハイリターンを狙うことが出来るのも、営業代行の魅力の一つです。

初期費用が掛かるような場合の営業代行には注意

初期費用が掛かるものが悪いわけではないのですが、副業として営業代行を何故始めたのかを思い返してみましょう。

そこにはきっと「稼ぎたい」「給料以外にもお金が欲しい」などの想いがあって始めたはずです。

そこで初期費用が掛かることで、仮に成果に繋げることが出来なければ、損失だけを抱えて終わってしまうことになります。

これが手元に資金がなくて借金などをしてしまって、案件として稼げずに借金だけ残ってしまうような状況になってしまっては目も当てられません。

こうした本末転倒な事態にならないためにも、初期費用が掛かるようなものを副業の案件として持つ場合には、以下の点に注意して始めるようにしましょう。

初期費用の回収の目処や、損益分岐点はどこ(いつ)か
今の自分が持っているリストに対して、その案件が有効か
契約や販売のイメージが出来るか、またそれを自分が行うことが出来るか

営業マンが「営業代行」の副業を始める時に注意すべきこと

注意事項が書かれた単語帳

では次に、営業マンが営業代行の副業を始める時に注意すべきことをいくつか紹介していきます。

情報の取り扱いには注意

営業代行を行う際は、情報の取扱いに注意が必要です。

仮に副業として携わる場合でも、クライアント企業の情報を他社に流出させてしまったり、第三者に公開してしまったりすると、大きなトラブルに繋がる可能性が高くなります。

また、本業の営業ルートを無許可で活用してしまい、トラブルに発展するケースも非常に多くありますので注意しましょう。

基本的に営業代行を行う場合には、一つのジャンルにつき、提携する企業は一社にとどめておくのが無難です。

質の高い人脈作りを意識する

営業代行の仕事で稼ぐためには、質の高い人脈づくりが重要です。

どんなに案件をたくさん抱えても、またどんなに良い案件を引き受けることが出来たとしても、自分の身の回りに人がいなければ、すぐに頓挫してしまいます。

冒頭に挙げたインフルエンサーの例を思い出して頂ければ早いですが、企業もPRできるボリュームが大きければ大きいほど、期待できる成果も大きくなるのでフォロワーが多いインフルエンサーに仕事を依頼しているのです。

それであれば、同じように営業代行で仕事をして成果に繋げるための一番の近道は、自分の身の回りにどれだけの人がいるのか?という点がポイントになります。

営業マンとして活動している方の中には、既にある程度の人脈ができあがっている方もいると思いますが、既存の人脈で満足することなく、常に新しい人脈を構築していくようにしましょう。

質の高い人脈をたくさん構築することができれば、多くの案件に携われる可能性が高くなりますので、副業が稼げるようになることによって、本業にしやすくなるのです。

異業種交流会へ参加して質の高い人脈を広げていきたいとお考えなら、この記事が参考になります。

副業で扱っていた案件を本業に買えることが出来るようになると、今まで以上に時間を有効活用できるようになりますので、さらなる成果を期待することもできます。

効率よく営業代行の案件を獲得するには?

仕事と時間のイメージ

最後に、効率よく営業代行の案件を獲得する方法について詳しく解説していきます。

副業紹介サービスを使う

近年では、営業マン向けの副業紹介サービスが数多くリリースされています。

このようなサービスを活用することにより、様々な企業と繋がりやすくなり、案件の獲得も行いやすくなるのです。

ただし、こういった仲介サービスを利用することに関しては、メリットもあればデメリットもあります。

副業紹介サービスを利用するメリット

副業紹介サービスを利用する最大のメリットは、自分では依頼を受けることが出来ないような企業の案件を受けることが出来ることです。

副業として営業代行を始めたばかり、まだ自分の実績がない、自分の身の回りにまだ十分な協力者などがいないなどの場合には、これらのサービスを積極的に活用することによって、自分の実績につなげていくことや、協力者を増やすことが出来ます。

副業紹介サービスを利用するデメリット

副業紹介サービスを利用するデメリットは、間にそのサービスが仲介に入ることで仲介料が少なからず発生します。

わかりやすく言うと、市場で言うところの卸売市場のようなものです。

つまり、自分に成果を挙げられるだけの十分な力と今までの実績があるような場合であれば、営業代行として取り扱う案件の提携元の企業と直接交渉や提携が出来た方が、その報酬の金額も上げることが出来ます。

とはいえ、まだ副業として始めたばかりの状態であれば、まだ何の成果も持っていないことがほとんどです。

SNSで例えるなら、フォロワーも何もいないアカウントのような状態です。

営業代行をスタートしだしたばかりの状態の場合であれば、副業紹介サービスなどを利用することは、デメリットよりもメリットの方が大きいので、積極的に活用するべきです。

営業マンとしての実績をクライアントにアピールする

営業代行の案件を獲得するためには、自身の実績をクライアントにしっかりとアピールすることが大切です。

営業代行の利用を検討しているクライアントの多くは、

・本当に外注して大丈夫なのかな
・能力の低い営業マンだったらどうしよう

という不安を抱えています。

このような不安を早い段階で解消することができれば、仕事にも繋がりやすくなるのです。

まだ自分には何の実績もない、始めたばかりで実績と呼べるようなものはない、という状況なのであれば、先程挙げたような紹介サービスを活用して案件を獲得すると同時に、自分の身の回りに協力者を増やしていくことが先決です。

異業種交流会で良い人脈を構築する

営業マンにとって、異業種交流会というのは案件の宝庫と言えます。

様々な業界の方と繋がることができますので、上手にコミュニケーションを取り、少しずつ距離を縮めていくことで、案件に繋がりやすくなります。

もちろん、出会った全ての方から仕事を貰うということは不可能ですが、異業種交流会で知り合った方から、クライアントを紹介してもらえるというケースも多くありますので、是非有効活用してみてください。

異業種交流会へ参加して人脈を増やすなら、予め失敗しないように準備をしておくことで、時間の無駄を防ぐことが出来ます。

異業種交流会を選定する基準が気になる方は、この記事が参考になります。

また、異業種交流会へ参加することでそこには沢山の参加者の方がいますので、その人達と繋がっていくことで自分の身の回りに協力者を増やしていくきっかけにすることも出来ます。

異業種交流会で協力者を増やしていくコツに関しては、この記事をご覧ください。

案件は簡単に獲得することが出来ますが、それだけでは実績や成果には繋がりません。

ところが、協力者が出来上がれば実績や成果への一番の近道になります。

まだ自分の身の回りに協力者がいない、もしくは少ないと言った場合には異業種交流会を積極的に活用するのも一つの手段です。

私達が運営している異業種交流会では、ご参加いただく方の安全と満足度を最優先とし、ルール遵守を徹底したうえで運営をしておりますので、異業種交流会に興味がある方はお気軽にご参加ください。

営業代行は需要があるので副業にも最適

OKサインを出す女性

営業マンの副業として最適なのが、営業代行です。

副業として営業代行を始めることにより、これまで培ってきたスキルや経験を活かして稼げるようになりますので、成果に繋がるまでの期間を短縮できます。

ただ、営業代行の仕事を効率的に受注するためには、人脈の構築が重要です。

昨今ではオフライン以外にも、オンライン交流会なども開催されています。

どちらに参加したら良いかお悩みの場合はこの記事をご覧ください。

人脈の構築方法には様々な種類がありますので、様々な方法を試しながら、自分に合った方法を見つけ出していきましょう。

キーパーソンとの人脈を構築したい
質の高いビジネスパーソンと出会いたい

と考えている方は、是非一度、私達が運営する異業種交流会にご参加ください。

まとめ
  • 営業代行なら副業で効率よく仕事ができる
  • 効率よく稼ぐなら室の良い人脈形成が重要で、情報の取り扱いにも気をつけよう
  • 案件獲得にも成果に繋げるにも、異業種交流会は有効活用できる