ビジネスマッチングとは一体何?参加するメリット、デメリットを解説!

握手しているビジネスマン

ビジネスを成長させていくためには、他者との協力や業務提携が重要になってきます。

この記事を見ている方の中にも

他社リソースと自社リソースを組み合わせてビジネスを展開していきたい

と考えている方がたくさんいるでしょう。

そのような方には、ビジネスマッチングというサービスがおすすめです。

私たちが運営している異業種交流会でも、運営が仲介して無料でビジネスマッチングを行っています。

実際に行ったマッチングの詳細をブログにしているので、気になる方はこちらからご覧になれます。

TACT運営が無料で仲介
ビジネスマッチング実録
過去参加者の中から厳選してマッチング

この記事では、ビジネスマッチングとは一体何か、ビジネスマッチングを活用するメリットやデメリットは何かということについて、詳しく解説していきます。

この記事はこんな人が書いています

1982年生まれ。22歳から現在に至るまで成功哲学の世界に身を置き、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

壁下政和

ナポレオン・ヒル財団 アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

ビジネスマッチングって何?

考え込む女性

ビジネスマッチングというのは

売上アップ
新製品の開発

などを目的として、企業もしくは個人事業主に対して商談の場を設けるサービスのことです。

ビジネスマッチングを活用することにより、業務提携先を見つけられるのはもちろんのこと、仕事の受注先や発注先を見つけることも可能になります。

ビジネスマッチングを活用するメリットは?

メリットと書かれた単語帳

では次に、ビジネスマッチングを活用するメリットについて、詳しく見ていきましょう。

ビジネスパートナーを効率よく探せる

ビジネスマッチング最大のメリットは

ビジネスマッチングのメリット

・クライアント

・仕事の発注先

・業務提携先

などを効率よく探せるということです。

この世には無数の企業が存在していますが、ビジネスマッチングを活用することにより、自社に合ったビジネスパートナーを効率的且つ気軽に探せるようになるのです。

このようなことから

起業して間もない方
取引先が少ない個人事業主の方

などには最適のサービスと言えます。

ノウハウの確保に繋がる

先ほども解説したように、ビジネスマッチングでは業務提携先を探すことも可能です。

ビジネスマッチングで業務提携先を探すことにより、自社が持っていないノウハウを補えるようになりますので、ビジネスの規模を拡大しやすくなるのです。

このような問題を抱えている方

・ビジネスモデルはあるが、それを実現できる人材がいない

・人材コストをかけられない

という方は、是非活用してみてください。

他社のブランド力を活用できる場合も

ビジネスマッチングでつながりを作ることができれば、提携先あるいは協業先のブランド力を活かしたビジネスを行えるようになります。

もちろん、他者のブランド力を活かすためには、それなりに知名度のある企業と提携する必要が出てくるのですが、この課題さえクリアしてしまえば、他者の力を借りながら自社の事業規模を拡大することも可能になるのです。

ビジネスマッチングを活用するデメリットは?

デメリットと書かれた単語帳

では次に、ビジネスマッチングを活用するデメリットについて、詳しく解説していきます。

ビジネスパートナーが100%見つかるとは限らない

ビジネスマッチングを活用している企業は多岐にわたります。

自社に合う企業を丁寧に探していけば、期待通りの企業と出会える可能性が高くなりますが、100%ビジネスパートナーが見つかるかと言われれば、そういうわけではありません。

ビジネスマッチングでは、両者にメリットがある「win-win」の関係を築けなければマッチングを成功させることができないため、自社のメリットだけではなく、先方のメリットについてもしっかりとアピールしていくことが大切です。

自分で行動しないと出会いは見つからない

ビジネスマッチングを活用すれば、自社に最適なビジネスパートナーを見つけやすくなります。

ただ、ビジネスマッチングというのはあくまでも「機会」を作り出すだけですので、自分自身で行動していかないと、良い出会いを見つけることはできません。

自社に合うビジネスパートナーが見つかったら、積極的に交渉や業務提携を行い、良い関係を築けるように努力していきましょう。

パートナーが築けないとお悩みの方には、この記事が参考になります。

これからパートナーを築いていく方は、この記事を読んで準備をしておくと、スムーズに進むようになります。

ビジネスマッチングには種類がある?

A,B,Cの標識

最後に、ビジネスマッチングの種類について詳しく解説していきます。

それぞれのビジネスマッチングで特徴やメリット、デメリットが異なりますので、自社に合う方を選択してみましょう。

プラットフォーム

まずはプラットフォーム型のビジネスマッチングサービスです。

プラットフォーム型のビジネスマッチングでは、ウェブサービスやアプリ等を使ってビジネスパートナーを探していくことになりますので、誰でも気軽に活用できます。

その反面、オンラインでビジネスパートナーを探すことになりますので、他者との相性を確認したり、円滑なコミュニケーションを取ったりするのが難しくなることもあります。

ビジネスマッチングアプリについて詳しく知りたい方は、この記事が参考になります。

交流イベント

続いては、交流イベントです。

代表的なものでいえば、異業種交流会が挙げられます。

異業種交流会には、経営者や個人事業主など、企業のキーマンが参加していますので、効率よくビジネスパートナーを探していくことができます。

質の高い出会いを探しているなら交流イベントがおすすめ!

交流しているビジネスマン

ビジネスマッチングには

ビジネスマッチングを可能にする手段

・プラットフォーム型

・交流イベント型

の2つの種類があります。

どちらにもメリット、デメリットがありますが、より質の高い出会いを求めている方には交流イベントがおすすめです。

私達も、全国でビジネスや人脈形成に繋がる異業種交流会を運営しています。

異業種交流会からマッチングに至る詳細を知りたい方は、この記事が参考になります。

参加者の方の安全と満足度を重視し、参加ルールを明確に定めたうえで運営しておりますので、興味がある方は是非一度参加してみてください。

ビジネスマッチングを取り入れて、事業成長の足掛かりを作ろう

紙飛行機が高く飛んでいる様子

ビジネスマッチングサービスを活用することで

ビジネスマッチングがもたらす恩恵

・提携先

・仕事の発注先

・新規クライアント

などの発掘を効率的に行えるようになるのです。

自社のビジネスを成長させたいと考えている方にとって、他社との提携や協業というのは必要不可欠と言えます。

ただ、ビジネスマッチングにはプラットフォーム型と交流イベント型があり、それぞれでメリット、デメリットがありますので、自社にあったタイプのマッチングサービスを活用してみると良いでしょう。

オンラインでのコミュニケーションに不安があるなぁ

しっかりと顔を見合わせながら話し合いをしていきたい

と考えている方は、是非私達が運営する異業種交流会にご参加してみてください。

まとめ
  • 自分に合ったビジネスマッチングを取り入れることで、効率的に業務を拡大出来る
  • ビジネスマッチングで提携先の他にもブランドやノウハウを手に入れることもできる
  • 無いものを効率的に補うことが出来るビジネスマッチングを積極的に活用しよう