日々たくさんの人と会っていると、このような台詞を耳にすることがあります。

成功したいかどうかと言われると、自分でもどう考えているのかいまいちハッキリしないんですよね

本当にこの人には成功願望がないのでしょうか?

実際のところはそんな事はありません。

この人が気づいている部分と、気づいていない部分を明確にしてみましょう。

この記事はこんな人が書いています

1982年生まれ。22歳から現在に至るまで成功哲学の世界に身を置き、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

壁下政和

ナポレオン・ヒル財団 アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

成功は自然の法則であり本能

自然に形成された結晶

植物は養分を手に入れるために根っこや葉っぱからその目的を達成します。

動物は子孫繁栄のための生殖本能があり配偶者を求め、望みを叶えます。

自然は自然の法則どおりに成功し、望みの物を手に入れることを本能的に活用したのです。

望みの物を手に入れる為の成功願望が無いと、自然は存在しなくなってしまいます。

人間は、植物や動物より高度に発達した成功願望を持っています。

しかしそれでも不成功に終わってしまう人は、生まれつき持っている自然の成功願望を活用しなかったが故に成功しなかったのです。

ジム・ローン

成功願望を日常生活に置き換えると?

「成功」と書くと大きく捉えてしまうかもしれませんが「生きる」と書くと自然ですよね。

植物が養分を手に入れるために根や葉から吸収することは、生存欲求という何よりも強い成功願望です。

これは人が生きるために食べることと、何も変わりませんよね。

目標設定を日常生活に置き換えると?

  1. まずはじめに

    お腹が減ればお腹を空腹から満たさないと!という強い願望(目的)が生まれます。

  2. そして満たすための手段として

    食べ物を手に入れないと!という空腹を満たすという強い願望を達成するために向けたレールが引かれます。

  3. そうすると

    次に、更に詳細な行動レベルまで落とし込みます。

  4. 達成のための手段を考える

    すぐに食べることができる準備の整ったご飯を買う
    作るための材料を揃えて調理を行う

  5. 更に深くまで掘り下げるなら

    ご飯を買う、材料を買うためのお金を持つ、蓄えておくなりをしておかないといけません。

  6. 必要なもの綿密な計算、計画に入る

    今日を生きて明日を迎えるために1日に掛かる費用はどの程度か算出します。

  7. 変えられない前提条件を基に考える

    1ヶ月、1年という期間は既に決まっています。

    掛かる費用を捻出できるように当月、当日に間に合わせの生活だと何かあったときに大変ですので、前月から準備をしておかないといけません。

  8. 持ち合わせていないものは準備が必要

    生きていく上で、対価として支払うお金は仕事というものを行うことで得ることができます。

  9. 目的を達成するための手段の選択

    食べること以外にも必要なものがたくさんあります。

    それら全てを捻出できるように仕事というものをこなします。

    そして仕事から得られる対価と見合うものや、現在の自分の持っているスキルなどから考慮して仕事を選ぶ、もしくは作る必要があります。

  10. その他の複合要素をすべて満たす計画を立てる

    ここまで遡ってその他の様々な複合する要素を全てが絡み合うように、そして全てが問題なく事が運ぶように計画を建てることが生活というものです。

    そうすることで本来の願望である空腹を満たすための手段である、食べ物が目の前に並びます。

お椀に盛り付けられた白米

綿密な計画と準備により達成されたことで目の前に現実化したご飯。

このご飯を食べることで満たされて当初の目的であったお腹を空腹から満たさないと!といった願望を達成する事ができます。

誰もが既に当たり前にできている

常識と非常識の標識

ご飯を食べるという目標を達成するためにもこんなにも面倒なことあったっけ?

はい、でもその面倒なことを今の今まで達成されていらっしゃるので、今日があります。

これらは誰もが生まれがらにして現在に至るまで自分では無意識であったにしろ、全員達成し続けてきたので今を生きて生活ができています。

あれ?これって、よくセミナーで言われたり、本で読んだりする

よくあるセミナー内容

・目標を設定しなさい

・ちゃんと順序立てて計画を立てなさい

・手段が目的に変わってはいけません

こんな生存していく上で当たり前にやっていた内容を、一生懸命にノートに取っていたりしませんでしたか?

安心して下さい。
もう既にできていたことです。

それを生きることではできていたのに、ただ自分自身の思い込みでビジネスや成功に置換できていなかっただけです。

悩んでいる人が教わるべき内容は

目標を設定しなさい
ちゃんと順序立てて計画を立てなさい
手段が目的に変わってはいけません

ということではなくて

もう既にできていますよ、ほら。ね?

と気づかせてもらうことです。

私はセールスをしたことがない

今まで何も売れたことがない

と仰る方がいらっしゃいますが、単に忘れているだけなのです。

赤ん坊の時のあなたは

お腹が減ったけど喋れないし…ミルクは諦めるか

とネガティブになって諦めたでしょうか?
そんな事はありませんよね。

今回の交渉相手である親に伝えるために全力で泣き叫びます。

その交渉相手である親に勘違いされておむつの交換をされて諦めたでしょうか?
泣くことを辞めず、むしろ今までよりも大きな声で主張して泣いたはずです。

また

代表的なネガティブな発想

・周りにどう思われるのかを気にする

・誰かに聞かれるのも恥ずかしい

このような思いから

他の誰にも聞こえないような小声で交渉相手である親だけに聞こえるようにこっそりと

オギャー…(お腹減った)

などということもしなかったのです。

生きることができているのだから応用もできる

基本と応用の標識

「生きること」それが最大の願望であり、それを何十年も達成している皆さんであれば日々の「(どう)生きるか」についても意外と単純に本能的に達成できることなのです。

それでもなかなか目標設定が出来ないんだよね…
自分の人生で何をしたいのかいまいち決められないんだよね…
こういった方にはこの記事が参考になります。

現在の自分の状況を正確に把握する

SWOTを指し示すビジネスマン

現在自分が悩んでいることに置換できずに「できない」と思いこんでいるその精神状態は健康なのに「自分は重い病気を患っている」と思いこんでいるのと同じでステージ3くらいの危険状態です。

それよりも重症なのが「できていない」「分かっていない」のに「分かった気になっている」状態ですが、これは既に崖っぷちのステージ4で危篤状態です。

「分かっていない」けど「ま、いっか」と先延ばしして放置してしまっているのは、たまに歯が傷むけどまだ気にするほどでもないから時間ができたら歯医者行けば良いか、といったステージ2の状態です。そのまま放置を続けると気付いたときにはステージ4まで進行しています。

自分が現在どういった状況なのかをしっかり把握することは、その後の自分の行動と成果に直結します。

処置ではなく治療を

サムズアップする医師

問題の根本を解決しないと問題は派生します。

適当に、何となく、こうすれば良いらしい、で万人共通のそれっぽい解決策で処置をしても効能は万人共通にはなりません。
それは、悩んでいる患者の症状も十人十色で状況も様々だからです。

風邪と言っても鼻風邪、咳風邪、熱風邪と種類があれば処方箋も同じだけ種類があります。

現在の自分に合った、適切な診断と正しい処方箋があることで初めて
早く治る
完治する
事ができます。

まとめ
  • 人は生まれた瞬間から成功の連続を達成している
  • 現在の問題に置換できない原因は思い込みをしているネガティブな自分
  • 見ないフリや応急処置ではなく、適切な治療が大事